人身傷害があれば搭乗者傷害は省略できる

搭乗者障害というのは、その名のとおり事故時に車に登場していた契約者本人とその家族のケガなどをカバーする補償です。

搭乗者傷害は、1998年に人身傷害が登場するまで家族を含めた加入者側のケガなどを補償する唯一の存在でした。
(※家族以外の同乗者は対人賠償で補償されます。)

ところが保険自由化の頃から人身傷害が発売され一気に広がったことで、「人身傷害をつけていれば搭乗者傷害は必要ないのでは」といわれるようになりました。

実際レンタカー業界では、人身障害が出てからはほとんどの会社がレンタカーの保険を搭乗者障害から人身障害に切り替えているといいます。

加入率も9割以上の人身傷害に対して8割程度という状態のようで、完全に主役の座が入れ替わったという感じです。

人身障害の普及によって搭乗者障害の役割はもうなくなってしまったのでしょうか。

■搭乗者傷害にもメリットがないわけではない

人身傷害の登場ですっかり影の薄くなった搭乗者傷害ですが、全くメリットがないというわけではありません。

それは、人身傷害と違って保険金の支払いがスピーディーに行われるという点です。

人身傷害は実際の損害額が補償されるので、例えばケガであれば治療費等が確定して書類などで損害額が確認されないと保険金の支払いは行われませんが、定額スタイルの搭乗者傷害は、事故が認定されれば直ちに限度額の範囲内で保険金が支払われるのです。

ですから、人身傷害の保険金が支払われる前に必要となる入通院の費用に備えるなどといった搭乗者傷害ならではの役割を果たすことが可能となります。

ほとんどの保険会社が、人身傷害の登場してからもこの搭乗者傷害を廃止せずに販売を続けているとこの背景には、このような搭乗者傷害のメリットがまだ残っているからという事情があるのだと思います。

まあそれでも補償が重複しているというのは事実なのですから、事故直後のやりくりくらいは蓄えでなんとかなるなどといった場合には搭乗者傷害は省略しても構わないと思います。

身近な知人にも人身傷害だけで搭乗者傷害は付けていない方が何人もいますし、私自身もだいぶ前から人身傷害だけにしています。

搭乗者傷害を付けていても支払った保険料に見合う保険金の給付があるのですから、損をするという性格のものではないのですから、どちらにするかは人それぞれの考え方によると思います。

保険会社の中には、東京海上日動のように搭乗者傷害を廃止して、代わりに人身傷害のメニューに「傷害一時金」という形で残しているところもあります。

合理的に考えスッキリした補償内容にしたいのであれば、搭乗者傷害を外しても一向に構わないと思います。

ページの先頭へ