更新の通知があったら年齢条件を確かめてみよう

軽自動車の任意保険では「年齢条件」を設定することによって保険料の割引を受けることができるようになっています。

年齢条件の種類は、各社によって一部違うところもありますが、次のようになっています。

全年齢補償   ・・・ すべての年齢の人が補償対象

21歳以上補償 ・・・ 21歳以上の人が補償対象

26歳以上補償 ・・・ 26歳以上の人が補償対象

30歳以上補償 ・・・ 30歳以上の人が補償対象

35歳以上補償 ・・・ 35歳以上の人が補償対象

例えば、夫婦しか運転せず、二人とも30歳以上であれば、年齢条件を30歳以上補償にして全年齢補償の場合よりも保険料を大幅に安くすることができます。

逆に、それまで35歳以上補償だったが、19歳の子供も軽自動車を運転するようになったため、年齢条件を全年齢補償に変更するという場合もあり得ます。

(保険会社によっては、21歳未満の子供が運転するようになった場合は、年齢条件を子供に合わせるのではなく、「子供特約」を付ける方が保険料が安くなる場合もあります。)

このような年齢の違いにより保険料の違いを儲けているのは、統計上年齢の若い人の方が事故を起こす確率が高いからだとされています。

気をつけなければならないのは、例えば運転する人が全員30歳以上だからといって自動的に30歳以上補償になるのではなく、あくまでも加入者の方から申告しなければ年齢条件が設定されないということです。

特に申告しなければ全年齢補償になります。

通常は、運転者の限定と併せて考え、運転者が家族限定であれば運転する家族の一番若い人の年齢を見て、その人に合わせて年齢条件を設定することになります。

節目の年齢の時の見直しを忘れないようにしよう

20歳、25歳、30歳など年齢条件上での節目に当たる誕生日を迎えたら、次の任意保険の更新の時には年齢条件を変更することを忘れないようにしましょう。

うっかりして家内が30歳を過ぎてから2年間ほど年齢条件を25歳以上補償のままにしていて、保険料の払い過ぎをしてしまったことがありますが、もったいないですからこのようなことにならないよう気をつけたいものですね。

家内が35歳になる年はカレンダーの誕生日のところに車のマークをして忘れないようにしたという記憶があります。

まあ、任意保険の更新は1年毎ですから、更新のときに運転者の範囲と併せて年齢条件もチェックするクセをつけておけばいいのだと思います。

保険会社によって年齢条件の区分が違う

上で年齢条件の一般的な種類(区分)を紹介しましたが、この区分は保険会社によって違うことも知っておいたほうがいいでしょう。

例えばSBI損保のように26歳以上補償が上限でその上の区分がないところもあれば、ソニー損保、アクサダイレクトのように30歳以上補償までのところ、損保ジャパン、三井ダイレクトなどのように35歳以上補償まであるとところなど、様々です。

36歳になったが今の任意保険には35歳以上の年齢条件区分がないというような場合は、35歳以上の区分がある保険会社を探して切り替えてみるのも保険料の節約になるかも知れません。

いずれにしろ、年齢は毎年変わるものですから、更新の通知が来たら年齢条件をチェックしてみることを習慣のようにすればいいでしょう。

ページの先頭へ