軽自動車の保険でも原付特約が付けられる

軽自動車の他に原付バイクがあって、子供が通学に使っているとか、家族が買い物に使っているとかという場合もあると思います。

そのような場合、原付バイクの任意保険はどうしているのでしょうか。

今では自転車の事故でも9千万円の賠償が請求されるような事故が起きうる世の中です。

原付バイクとはいえ任意保険無しでは大きなリスクを抱えたままの運転ということになります。

かといってチューリッヒとか富士火災とかのバイク専用の任意保険を見積もってみると、原付とはいえ保険料は数万円にはなることでしょう。

そこで危ないとは思いながら二の足を踏んでいるといったケースも多いのではないでしょうか。

そのようなときにぜひ付けたいのがファミリーバイク特約(原付特約)です。

軽自動車の任意保険だって自動車保険ですから、ファミリーバイク特約は何の問題もなくつけることができます。

しかも追加の保険料が高くても1万円あまり、安いところでは1万円かかりません。

この保険料で対人、対物、自損事故などが本体の自動車保険と同じ限度額まで補償されることになるのですから、費用対効果は抜群です。

その上、

・原付バイクを運転する家族の年齢制限がない(高校生でもOK)

・原付バイクを運転する家族が別居でもOK(高校生でもOK)

・原付バイクは何台でも、また借りたバイクでもOK

・原付バイクの事故があっても本体の自動車保険の等級には影響しない

などと、自動車保険にしては珍しくあれこれとメリットが盛りだくさんの特約なのです。

いかがでしょうか。例えば遠方の大学で息子がアパートからバイク通学しているなどという場合は、まさにこのファミリーバイク特約は打って付けの保険ではないですか。

なお、ファミリーバイク特約にはバイク運転者のケガなどの補償の違いによって「自損型」と「人身型」という二つのタイプがあります。

自損型というのは、バイク運転者のケガなどは自損事故の場合しか保証されないというタイプです。

それ以外のケガなどが心配であれば、生命保険や傷害保険などでカバーすることを考える必要があるかもしれません。

これに対して「人身型」というのは、バイク運転者のケガなどについても本体の任意保険の人身傷害と同様の補償が行われる タイプで、当然ながら保険料はその分高めになります。

まあ、通常の50cc以下の原付バイクなら自損型で十分という気がしますが、125ccの原付で2人乗りなどをする場合には 陣新型にしておいた方が安心かもしれませんね。

50ccの一種原付は2人乗りができませんが、51cc~125ccの第二種原付は2人乗りも可能で、現にタンデムで楽しんでいる方を見かけることもあります。

バイク事故の場合は同乗者もケガを負うリスクが高いでしょうから、タンデム利用が多い方などは人身型にしておいた方がいいと思います。

ページの先頭へ