車輌の修理に保険を使うと損をすることになる

軽自動車に車両保険を付けるとき、二つの選択肢があることをご存知でしょうか。

一つは「一般型」ともう一つは「エコノミー型」です。

一般型というのは、

他の車との事故、自損事故、当て逃げ、盗難、いたずら、自然災害・火災、飛び石

のすべてが補償されるオールマイティーなタイプで、それだけに保険料は高くなります。

一方、エコノミー型というのは、一般型の補償対象のうち「自損事故」と「当て逃げ」を除いた範囲が補償されるタイプで、「車対車+A」とも呼ばれます。

車両保険をエコのオミー型にすると一般型に比べて大幅に保険料が安くなり、場合によっては半額近くになる場合もあります。

■自損事故、当て逃げを除いても大丈夫か

エコノミー型は保険料が安くて助かるのですが、補償対象から自損事故と当て逃げが除かれるというのが機になるところですね。

まず自損事故ですが、これは読んで字のごとくいわゆる「自爆事故」のことであり、不可抗力的な事故と違って自分の意識や努力によって防げる可能性がある事故だといっていいでしょう。

ノーマルな状態の運転で車両保険でなければ直せないような大事故を自分から起こすようでは、そもそも車を運転することに問題があると言えるかもしれません。

逆に言えば、自損事故が補償されない状態の方が緊張感があって安全運転につながると言えるかもしれません。

自分でボディーを擦ったりした場合はどうするんだという方も居られるかもしれませんが、いくら小額であろうが自損事故で保険を使うと3等級ダウンによって保険料が大幅に高くなり、トータルでは損をしてしまうことになってしまいます。

等級ダウンの仕組み上、小額の修理は自前でせざるを得ないのですから、そのような事故の補償を当てにして高い一般型にするのは不合理だということになります。

ということで、自損事故はなんとかなりそうですね。

次に、当て逃げですが、当て逃げというのは相手方のわからない事故ということになります。

良く考えてみると、相手方のわからない事故というのは駐車場で擦られるなど、修理費にしてせいぜい数万円程度の小さな損害がほとんどなのではないでしょうか。

これも小額の自損事故と同じで保険を使って修理すればやはり3等級ダウンとなり、かえって損をすることになります。

よって、当て逃げの補償を期待して高い一般型を選ぶのも合理的でないことになります。

このように考えてみると、何のことはない、軽自動車など普通の車の場合は、エコノミー型の車両保険で十分なのではないかということになります。

何千万円もする高級車や高級外車などであればまた話は別でしょうが。

■エコノミー型でも盗難、自然災害まで補償される

逆にこう考えればどうでしょうか。

エコノミー型では、一般型より大幅に安い保険料にもかかわらず盗難や自然災害まで補償されるんだと考えるのです。

車と車の事故も大変ですが、盗難、自然災害の場合もその損害は致命的なものになります。

一般型より格安の保険料でこれらがカバーされるのですから、とてもコストパフォーマンスが高いといえるのではないでしょうか。

少なくとも私はそのように考えて、車両保険をつけるときはいつもエコノミー型にしています。

このように頭を整理しておけば、車輌の損害で特に不安になることもありません。

■「免責10万円」と組み合わせて保険料をグッと抑える

他ページで車両保険の免責金額のことを説明していますが、そこでも述べたように、小額の修理で車両保険を使えばかえってトータルでは損をしてしまうことになります。

近年、事故有等級のペナルティーが厳しくなり、今では10万円程度の修理でも保険を使わない方がいいという方も居られるくらいです。

どうせ10万円まで保険を使えないのなら、免責金額を10万円にしてしまえばいいのです。

こうすることによって割安なエコノミー型の保険料を更に安くすることができます。

「エコノミー型+免責10万円」、これが維持費を高くしたくない軽自動車にピッタリの車両保険になると思います。

ページの先頭へ