無過失のもらい事故の場合の交渉ごとに備える

交通事故があった場合の保険会社の仕事は保険金を支払うことです。

たとえ契約者の過失割合が10パーセントであろうが、支払い義務のある限り保険会社の担当者は相談に乗ってくれますし、示談交渉も行ってくれます。

しかし、信号待ちのときに追突されたり停車中にぶつけられたりなど、契約者の過失がゼロで相手方の責任割合が100パーセントの事故の場合、補償はすべて相手方の保険によって行われることになるので、保険会社は何もできません。

これは冷たいのではなく、当事者ではないので口出しができないといった方がわかりやすいでしょう。

このような時は、素人である契約者自らが相手方の保険会社と保険金支払いのための交渉ごとを行うことになります。

相手は保険会社のプロがが対応し、こっちは自分一人で示談などの交渉を行わなければなりません。

これは保険に素人の契約者にとってはかなりしんどいことです。

特に仕事に忙しい方にとっては、平日にしか手続きできない役所へ行くために休みを取ったりなど、かなりの時間とエネルギーが奪われることは間違いないでしょう。

このようなときに契約者を救ってくれるのが「弁護士費用特約」です。

軽自動車の任意保険に弁護士費用特約を付けてあれば、自分の費用負担なしで交渉などを弁護士に依頼したり司法書士、行政書士へ手続きを依頼したりできることになります。

ほとんどの保険会社が補償する上限額を300万円としていますが、これだけの金額があれば費用的にも十分だと思います。

特約追加の保険料も年間で1,500円~1,700円程度とそんなに高いものではありません。

自動車保険の特約には目移りしてしまうほど様々な特約がありますが、この特約だけは検討に値する特約だと思います。

何か特約をつけるなら、この弁護士費用特約と決めています。

■車両保険があれば弁護士費用特約は要らない?

ネット等で「車両保険を付けていれば弁護士費用特約はおすすめしない」といったような趣旨のコメントを見ることがあります。

車両保険があれば、トラブルになったとしても自分側の保険に損害の請求をして、相手方が支払うべき保険金を自分側の保険会社に立替えてもらえるからという理由のようです。

しかし、この考え方には納得できかねます。

まず1点は、なぜ事故の損害を車両の損害だけと限定できるのかということです。

相手方の過失100パーセントのもらい事故の場合、自分のケガなどの損害を賠償してもらう手立ては相手方の対人賠償保険しかないのですよ。

ケガや死亡の補償は車両保険で立替えようがありません。

第2点目は、なぜ自分に過失がないのに等級ダウンによる保険料アップのペナルティーを受けなければならないのかということです。

確かに自分が無過失の事故でも示談が遅くなったりする場合は自分側の車両保険で修理をすることはできますが、その代わり「事故有等級」というペナルティーのきつい等級に移りしかもその等級で3等級もダウンしてしまうのです。

一度等級ダウンしてしまえば、その影響は20等級に進むまで続き、影響額の合計は少なくとも10万円を超えるものとなるでしょう。

車両保険があれば弁護士費用特約はおすすめしないとおっしゃる方は保険に詳しいようですから自動車保険代理店の関係者なのでしょうか。

でもこのようなことを提案するのはどうみても顧客本位の提案だとは思えません。

次の更新時に顧客の保険料が高くなった方が手数料収入が増えるからこんなことを言っているのかと勘ぐりたくもなります。

それとも等級ダウンをネタにして「車両保険の無過失事故に関する特約」も追加で勧めるつもりなのでしょうか。

■弁護士費用特約はメリットのある特約

まあ、自分の考え方や予算との相談となるでしょうが、予算が許すのであれば弁護士費用特約はメリットのある特約だと思います。

上で紹介したように「車両保険をつけているから」など関係ありません。

忙しくて車を使う機会のある方などにとって検討に値する特約だと思います。

ページの先頭へ